テキスト ボックス: 奨学課
 

 


 沖縄県国際交流・人材育成財団では、学業及び人物ともに優れており、経済的理由により修学に困難があると認められる、県出身の大学生及び大学院生に対し、奨学金の貸与又は給与を行っています。

 


 個人の篤志家又は法人等から委託を受けて奨学金を給与する制度で、県内外の大学又は大学院の奨学生の中から選ばれた成績優秀者に対して、貸与奨学金に加えて月額1万円が給与されており、昭和57年度から平成10年度までに62人が奨学金を受けています。 なお、昭和31年度の制度開始以来、平成10年度までの受給者は322人となっています。

 


平成29年度奨学金貸与継続申請書等に係る各種様式(大学等)

平成31年度 高校育英貸与奨学生(予約採用候補者)の募集について(募集要項配布開始)

 申込みに関する書類は、学校で受け取って下さい。

平成30年度高等学校及び専修学校高等課程に対する奨学生の募集について(追加採用)

 
 申込みに関する書類は、学校で受け取ってください。



専修学校専門課程に対する給付奨学生の募集について(追加募集)

専修学校専門課程に対する貸与奨学生の募集について(追加募集)


高等専門学校に対する奨学生の募集について


大学生に対する奨学生の募集について(追加採用)

大学生に対する奨学生の募集について(予約採用)

大学生を対象に昭和34年から始まった制度で、財団創立の昭和57年から平成27年度までに16,299人が奨学金を受けています。


大学院生に対する奨学生の募集について(追加募集)

県内外で学ぶ大学院生を対象に昭和57年度から始まった制度で、平成27年までに796人が奨学金を受けています。


国外留学生に対する奨学生の募集について

私費により国外に留学中の大学生又は大学院生を対象に昭和61年度から始まった制度で、平成27年度までに890人が奨学金を受けています。


在沖縄米軍施設・区域内大学就学者に対する奨学生の募集について

在沖縄米軍施設・区域内大学に就学する大学生を対象に昭和63年度から始まった制度で、平成27年度までに187人が奨学金を受けています。


海外移住者子弟に対する奨学生の募集について

私費により県内の大学又は大学院で学ぶ沖縄県出身海外移住者子弟を対象に昭和63年度から始まった制度で、平成27年度までに49人が奨学金を受けています



 

 

区   分

貸与月額(円)

貸与期間

募集時期

高等学校貸与

自宅通学

国公立

18,000

標準修業年限

4月上旬

私 立

30,000

自宅外通学

国公立

23,000

私 立

35,000

専修学校貸与
(高等課程)

自宅通学

国公立

18,000

標準修業年限

私 立

30,000

自宅外通学

国公立

23,000

私 立

35,000

高等専門学校貸与

県内

国公立

21,000

標準修業年限

3月中旬

私 立

32,000

県外

国公立

22,500

私 立

35,000

専修学校貸与
(専門課程)

県内

国公立

40,000

標準修業年限

3月中旬

私 立

45,000

県外

国公立

45,000

私 立

55,000

大学貸与

県内

国公立

40,000

標準修業年限

3月中旬

私 立

45,000

県外

国公立

45,000

私 立

55,000

大学院貸与

修士・博士前期課程

70,000

標準修業年限

3月中旬

博士後期課程

80,000

博士医・歯・獣医学課程

70,000

留学貸与

アジア地域

40,000

短期大学部2年以内
学部4年以内
修士課程2年以内
博士課程3年以内

10月上旬

その他地域

60,000

米軍施設・区域内大学貸与

40,000

短期大学部2年以内
学部4年以内
修士課程2年以内
博士課程3年以内

10月上旬

海外移住者子弟貸与

国公立

40,000

標準修業年限

3月中旬

私 立

45,000

修士課程

70,000

委託給与

大学院

10,000

標準修業年限

3月中旬

奨学金の返還について

 奨学金の返還について

 奨学金の返還手続、返還中の手続及び奨学金返還猶予についてまとめた「返還のてびき(本文部分のみ)及び各種様式をダウンロードすることができます。